今年もやってきた、マラソンシーズン。走るだけじゃない!マラソンを人一倍楽しむ方法。

「鳥取マラソン」知ってますか? 鳥取に住む多くの人は知っていると思いますが、2017年は3月12日にあります。鳥取では少ないフルマラソンなので、初めてマラソンを始めた人は、この大会を目標にやってきたのではないかと思います。

読者さん
って、トリ夫さん走るんすか?

トリ夫(管理人)
そんなことは言ってませんよ

鳥取マラソンについてはこちら↓

スポンサーリンク
スポンサー

マラソンの楽しみ方

私は根暗な方です。そう、明るい根暗です。私が主になって楽しむのは楽しむのですが、裏方を楽しみます。

簡単に言うと、自分の好きなように応援したり、観戦したりすることを、楽しむんです。

当然、知っている人も走っていたり、今は知り合いレベルではなくなってしまった、同級生を見つけたり…こんなやつも走ってんだ…じゃ、俺も来年は…と、思うのが楽しい。

楽しみ方は人それぞれです。鳥取在住の方は、ぜひ、あなたの方法で「鳥取マラソン」を盛り上げましょう。

トリ夫(管理人)
どうやって盛り上げるか? あなたが楽しめばいいんですよ~

実際に走る

いや~、もー、これに尽きるという方もおられます。実際、私の職場の方が、マラソン未経験から、3週間で走れるようになりました。本当にゴールは感動しました。

  • Nike+ Running:様々な課題に挑戦
    • 自身の目標と期間に合わせて、ワークアウトを選択できるのでとても便利なアプリです。

スマホのアプリで、フルマラソンを完走するまでのスケジュールを組んであるものがあるんです。趣味の範囲ではコーチいらずです。

フルマラソンを始めるにしても、まずは恰好からです。なぜなら、やる気に直結するからです。私は、スポーツグッズの多くをスポーツメーカーのアウトレットなどで購入しています。

とりあえず、万能ウェアを一つ持っておけば、今時ファッションで楽しめます。

応援する

友達が出ているのであれば、最高に楽しいです。私の場合は、5km、35km、ゴールに出現します。

何をしているかというと、昼間っからビールを友達との飲んで応援するんです。普段飲まないような、ビールを飲むのもおすすめです。昼間っから外で飲むのって、スカ~っとしますよ。

他の人が不快にならないようには配慮しつつ、ちょっと頭のねじが緩んだくらいで応援すると、楽しいです。ビール分けてあげたり。誰も求めてないかもしれませんが、知らないオッサンと仲良くなることだってあります。

走っている人だけが、面白いっていうのは、古いです。走っている人を楽しませる、応援している人も、楽しめる、楽しませる視点を広めていきたいです。

写真、動画を撮る、そして、あげる。

ただただ、飲んでいるだけではありません。友達の雄姿を記録に残してあげます。発している本人は、必死ですが、その姿を自分で見たくても見れません。

最近は、一眼レフもずいぶん安くなって、初心者も購入しやすくなりました。小型のタイプも出ています。特にeos kissシリーズは、一眼レフの良さを持ちながら、小型です。女性にも使いやすいものになっています。

お子さんがいて、まだ一眼レフを持っていない人は、運動会、音楽発表会、作品展など、一眼レフが絶対に欲しくなるので、早めに持っておくことをお勧めします。機能はいろいろありますが、一番安い、新品のものを買うべきです。

よく知っている人は、あーだ、こーだいいますが、そんな機能最初は全然使わず、フルオートです。それよりは、構図を勉強して、フルオートでいい写真を撮った方が、自身のセンスもアップするので、写真を撮ることが楽しくなりますよ!

私は持っていませんが、妻にきくとこっちのほうが良かった。と、ミラーレス一眼といって、コンパクトデジカメと一眼レフの間のようなもので、いいとこどりがしてあります。二回り程度小さいので、少しでも軽い方が良いという方や、カバンに入れておきたいという方にはお勧めです。

写真やビデオは結構喜んでくれます。スマホで撮ったものより、なぜか一眼レフで撮ったものの方が、喜ばれます。単純に自分のスキルを補填できる画質があるからだと思います。

あげるときの、恥ずかしさもありますが、喜んでくれる顔に満足です。

構図を知って、写真も部屋もあなたもセンスアップ!

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー