docomo withのコスパ最強端末はGalaxy Feel。手帳タイプカバー&画面フィルムレビュー

妻もそろそろ長年使っていたスマホを買い換えるということで、docomo withに良い端末があったので、契約内容の変更をしました。

その端末はGalaxy Feelです。この端末にした決め手は、端末価格の割には高性能なところです。

また、最近スマホの大型が進んでいますが、小さめです。男性にとっても、大きすぎず小さすぎず、丁度よい!サイズです。

ちなみに私は、高コスパのY!mobile(ワイモバイル)からdocomoにMNPしました。端末はGalaxy Note8です。格安SIMを勧めている私ですが、なぜ変えたのか?についてはこちらの記事をご参照ください。

スポンサーリンク
スポンサー

docomo withについて

ざっくりいうと、docomo withに契約すると、自動的に1,500円割引になります。契約をやめると割引はなくなります。

端末サポートはなく、端末代を純粋に払うことになります。端末代は分割にすると1,500円以下なので、実質無料扱いです。

docomo withのいいところは、端末サポートとは違って、契約して2年過ぎても、そのまま1,500円引きが継続します。2年後の選択肢の幅が広がります。

という、格安SIMと戦う気満々のサービスです。家族割を使わない場合は、docomoがどんなに頑張ろうと楽天モバイルなどの格安SIMが経済的に節約できます。


Galaxy Feelの魅力

docomo withは魅力的なサービスですが、選べる機種が限られています。

その中で、Galaxy Feelは秀でています。日本専用って感じが溢れ出ています。Y!mobileのAndroid oneシリーズみたいなもんです。って伝わらないかもしれませんが。具体的に言うと

  • おサイフケータイ
  • ワンセグ
  • IPX5/IPX8キャップレス防水

とっても日本的な仕様です。これがあると災害時も便利なので、安全第一の日本人にとって、おすすめのポイントです。ここまでは、そこら辺のスマホでもありますが、

  • 指紋認証
  • 3GB RAM
  • Always On Display

これらの機能すべてが同時に、格安SIMスマホに採用されやすいミドルレンジスマホにはつきません。当然あると便利です。

  • バッテリー持ちが非常に優秀

理由はよくわかりません。でも、電池が持つことに越したことはありません。

Galaxy Feelの駄目なところ

ゲームをする人には向かないです。最近のゲームスペック、最新スマホの能力を見ると一目瞭然です。

ですが、妻はゲームをしません。SNSやdocomoの有料サービスなどを中心に利用しています。

全く問題なく、電池の持ちもよく満足しています。

専用液晶フィルムには気をつけろ!

本当はガラスフィルムをつけていたのですが、あまりにもダサダサだったので、妻に無許可で捨てました。

あまりにも、細すぎません? もぅ、ポイです。

妻が念のため、docomoショップで買っていた液晶フィルムを、

コレが届いたので、2-3回塗ってから貼りました。車のガラスコートと同じようなものです。

もちろんGalaxy Note8にも利用しました。背面にも利用できます。ノングレアの液晶フィルムなので指紋もつきにくく、ガラス自体に傷がつきにくくなっているので満足しています。

とりあえずいい感じ。妻も大変満足しています。

おすすめの専用アクセサリー

コレで落ち着きました。

 

上記で紹介した専用アクセサリーについて詳しく知りたい方は以下をご参照ください。

保護フィルム不要に!塗るだけで傷を防止するガラス強化剤『クリスタルガード・グラスアーマー』 – ガラス画面の全スマホ・タブレット対応

新品価格
¥1,913から
(2017/11/21 21:19時点)

mitas Galaxy Feel SC-04J ケース 手帳型 麻 ジュート マリン A (350) SC-0235-A/SC-04J

新品価格
¥1,695から
(2017/11/21 21:31時点)

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー