Surface Pro4を工場出荷状態に戻そうとリセット作業中に「ドキッ」としたこと。

Surface Pro4を手放す段取りのため、初期化(工場出荷状態)の際、大変焦りました。

初期化している最中なので、

トリ夫(管理人)
途中やめも怖い、最初からと思うと時間がかかる…最初からなんて嫌だ!

とにかく、どうしたら良いか不安になりました。

「リセット」する際、ビビらないための情報を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサー

他者へSurfaceを譲るにあたって

当然、譲る際、初期化した状態が望ましいです。ただ、記憶メディアは、時間をかければ復元可能です。

やりすぎかもしれませんが、他人に譲る場合は、可能な限り相手の住所、連絡先は手元に残しましょう。

個人情報をさらされるリスクがゼロではないからです。

初期化=リセット

  • 設定→回復→リセット→すべてを削除

で、個人情報はすべて削除することができます。

リセット中びびったこと

こんな画面が出ました。

かろうじて読めるところは、

Surfaceさん

TPMを消しても良い?

消したらアクセスできません。

トリ夫(管理人)
何消す気なん?? アクセスできんって怖いやろ!

手元にあるパソコンはSurfaceのみなので、使えません。そこで、Galaxy Note8のカメラ翻訳を使いました。

speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”1.jpg” name=”Surfaceさん”]

TPMは暗号化した時のキー=解除する時に必要。

つまりTPMを削除すると、暗号化したファイルにはアクセスできなくなります。

[/speech_bubble]

ということのようです。

トリ夫(管理人)
TPMをクリアーにしちゃって、いいともーーー!

気づいたこと。こりゃ、宝の持ち腐れだ。

実はここでも書いたとおり、記憶メディアは時間をかければ復元可能です。

ネット上ではSurfaceのリセット機能を使っても、個人情報はなんとか復元できるとのことです。

トリ夫(管理人)
なんちゅうことだいや〜!(=何ということでしょう!)

もしかすると、今回話題にしたTPMを利用することで解決しそうです。

トリ夫(管理人)
絶対に他者に復元されたくないファイルを暗号化させ、Surfaceのリセット機能を使えば、個人情報は復元できないのではないか?

私の行動(思考)は本末転倒かもしれません。

そもそも、マイクロソフトもSurfaceおよびWindows10の暗号化技術を、そういったファイルに使ってくださいと言っているので、今まで使っていなかった事に問題があるような気がします。

どうしても復元されては嫌な情報、例えばパスワードや銀行口座番号などは暗号化しておけば、パソコンが壊れて捨てるに至ったり、パソコンを他者に譲ったりする時に安心です。

今の時代に適した技術なのに、使いそうで使わない、何かあると、使っていなかったことに後悔する「暗号化」

これからは、宝の持ち腐れにならないよう活用していきます。

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー