顔つけが苦手な子供に水泳を教える方法

鳥取市 福部ほっとスイミングプールに行ってきました。私はサンフィッシュよりも、産業体育館のプールよりも断然好きです。…海が近いからかな(謎)

私の子供は顔つけが苦手でしたが、帰る頃には蹴伸びもどきが出来るようになりました。水泳のインストラクターをしていた経験がこんなところで活かされるとは! その方法を紹介します。

スポンサーリンク
スポンサー

顔をつける怖さの原因

  • 目に水が入るのが怖い。
  • 水から顔を上げた時、水を飲んでしんどかった経験がある。

怖さを楽しさでいかにして打ち消すかがポイントです。大人は焦らず無理をさせないようにしましょう。「目に水が入るのが怖い」に対してはゴーグルをとりあえず使いましょう。海、プールどちらも、水が目に入るのは目にとって良くないためオススメしません。そんなこと言いながら私の子供はゴーグル無しでやりました。多分まで目を閉じている気がしまさう。ブクブクと息を吐いて、パーと息を吸う(以下、ブクブク・パー)ができるようになってから、宝探しなどお風呂で練習しましょう。

実施手順

追いかけっこ

  1. 浅いプール、海で走りまくる。追いかけっこをする。テンションを上げる。
  2. 追いかけっこの際、偶然を装い顔に水をかける。
  3. 水がかかって、顔をゴシゴシしていたら「顔に水がかかっても大丈夫になったんだ、すごいな~」などと褒める。

ビート板くぐり、輪くぐり①

  1. ビート板を立てた状態で歩いてくぐれる高さから少しずつ下げていく。
  2. 口を水につけないといけない高さで様子を見る。←ポイント:子供のやり方だとできない事をわからせる。
  3. ブクブク・パーをしてくぐるところを見せる。←ポイント:これをすれば、子供にもできる事を教える。

ブクブク・パー

  1. 子供の手の平に息を吹きかける。←ポイント:息を吐いていることを感じて理解させる。
  2. 息を吹き水面を吹き飛ばす。子供にやらせ、慣れさせる。水がかかって、顔をゴシゴシしていたら「顔に水がかかっても大丈夫になったんだ、すごいな~」などと褒める。←ポイント:第三者が褒めると効果的
  3. 口だけ水につけブクブク、パーと息を吸うところを見せ、子供にやらせる。ブクブクは必ず水中から出る時まで続けることを教える。できたら褒める。慣れるまで繰り返す。
  4. 一緒にリズミカルにブクブク・パーを繰り返す。
  5. ブクブク・パーをしながら水中に入ったり出たりしながら移動する。子供を抱っこし、深いプールでやるのもよい。

ビート板くぐり、輪くぐり②

  1. 歩いてくぐれる高さから少しずつ下げていく。
  2. 口を水につけてブクブク・パーをしながらビート板をくぐる方法を見せる。
  3. 子供にやらせる。できたら褒める。
  4. 顔を付けないとくぐることができない高さで様子を見る。
  5. ブクブク・パーを顔をつけてやる所を見せる。←ポイント:子供が嫌そうな顔をしたら今回はここまで。お風呂で練習しましょう。
  6. 子供にやらせる。

ビート板くぐり、輪くぐり③

  1. ビート板をにして、くぐることを提案する。
  2. 子供が嫌そうな顔をしたらブクブク・パーを子供がしている間に、大人がビート板を子供の頭にこすりながら強制的にくぐらせる。「すげ~」と言って褒める。
  3. 少しずつ、子供の頭をくぐらせるスピードを遅くします。「もうそろそろできるんじゃね??」とおだてましょう。
  4. 再挑戦。ビート板1枚でできれば2枚に挑戦しましょう。きっと失敗します。←ポイント:できない事をわからせる。
  5. 蹴伸びでビート板をくぐる所を見せる。←ポイント:これをすれば簡単にできる事をわからせる。

蹴伸びもどき

壁は蹴りません。

  1. 両手は上に。背伸びをさせる。頭が腕よりも背中側に出ないようにする。「耳をお父さんに見せて~」など子供に分かる言葉で伝える。
  2. その姿勢がすぐに作れるように何回か繰り返す。
  3. その姿勢の状態でブクブク・パーを数回行う。
  4. できるように鳴ったら「手を引っ張るよ、せーの」と水中で行う。これを繰り返す。

ビート板くぐり、輪くぐり④

  1. ビート板をにする。蹴伸びの姿勢でくぐることを提案する。
  2. 大人が手を引っ張り、簡単にくぐれるようにする。
  3. 子供が嫌そうな顔をしたらブクブク・パーを子供がしている間に、大人がビート板を子供の頭にこすりながら(ビート板の場所を知らせる)強制的にくぐらせる。「すげ~」と言って褒める。
  4. 一人でやらせてみる。励ます。褒める。

これで、蹴伸びもどきの完成です。機会があれば是非やってみてください。

利用料金もリーズナブルですし、小さなお子様も入ることができるプールがあるので、結構オススメです。プール横に温水プール(もはや風呂)があるので体を温めるのも容易で子どもと行くのには持って来いです。

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー