ライセンス認証が完了しているOffice Premiumの譲渡&再インストール方法

Surface Pro4 を売却しようと思っています。その際、工場出荷状態に戻そうと思うのですが、現在Office PremiumのOffice2016のサブスクリプション(月/年契約)が適応されています。

これは、マイクロソフトアカウントと、Officeライセンスが紐づけされていて、譲渡できない状態になっています。

トリ夫(管理人)

  • Office2016が削除されるだけで良いのか?
  • Office2013はどうなるのか?(マイクロソフトアカウントとOfficeライセンスが紐づけされているのか?)
  • その為、正直どうすりゃいいかわからない。

ということで、調べたことをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク
スポンサー

譲渡できるものと、譲渡できないもの

譲渡についての基礎知識として

トリ夫(管理人)

  • パッケージ版は譲渡できます。
  • パソコンと一緒であればプリインストール版も譲渡できます。
  • サブスクリプション(月/年契約)版は譲渡できません。

とここまでは、分かるのですが、

トリ夫(管理人)

譲渡できるパッケージ版も、プリインストール版も、譲渡する前に揃えるものを揃えていないと、譲り受けた人が迷惑します。

以上は、Office2013/2016 についてになります。譲渡される側もよく理解していないと、手に入れたは良いけど、Officeが使えないなんて結果を招くかもしれません。

Office Premiumとは

最近のWindowsパソコンにはOffice Premumが採用されているもの多いです。

  • Office Premium = アプリケーション + サービス

のこと。具体的に言うと

  • アプリケーション(搭載PCのみ、永続年数=プリインストール)
    • ワード、エクセル、パワーポイントなどのOfficeアプリ
  • サービス(紐付けしたアカウントで1年間=サブスプリクション)
    • OneDrive1TBのオンラインストレージサービス
    • Office Mobile
    • Skype 毎月60分無料の世界通話
    • Office テクニカルサポート
トリ夫(管理人)
つまり、譲渡できるのはアプリケーションの部分です。

しかし、ライセンス認証が完了しているアプリケーション部分の譲渡については、今までのパッケージ版や、プリインストール版に比べて、少々手順が面倒と言うか、理解していないと譲渡した先でトラブルが起きます。

譲渡に必要なもの(譲渡先で再インストールに必要なもの)

  1. “Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス” カードのプロダクトキー
  2. 認証されたアカウントから確認した再インストールのためのプロダクトキー
  3. プリインストールされた本体

↑“Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス” カード

トリ夫(管理人)
2.が無いと、オークションなどで譲渡した場合、相手に迷惑がかかる可能性があります。必ず、認証されたアカウントから再インストールのためのプロダクトキーを確認し、上記の3点セットを譲渡しましょう。

譲渡に必要。再インストールに必要なプロダクトキーを確認する方法

1.個人用Officeアカウントでライセンス認証させたMicrosoftアカウントでログインします。

2.“Office Premium”タブをクリック。

3.“ディスクからのインストール”をクリック。

4.“プロダクトキーの表示”をクリック。

5.表示されたプロダクトキーをメモしましょう。

オークションなどで購入する時、気をつけること、出品者に確認すること

  1. “Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス” カードのプロダクトキー
  2. 認証されたアカウントから確認した再インストールのためのプロダクトキー
  3. プリインストールされた本体

1.2.3.が揃っているかどうかを確認しましょう。最悪、1.があれば、マイクロソフトに問い合わせ何とかなる場合がありますが、お金がかかります。情報では1500円位らしい。

再インストールする方法

1.マイクロソフトアカウントを作成する。もちろん、持っている方は新しく作る必要はありません。Microsoft アカウントの新規作成の必要がある方はこちら。取得方法が知りたい方はこちら

2.Office取得ページへアクセスする。

3.マイクロソフトアカウントでログイン(1.で作成したアカウントを利用)する。

4.再インストール用のプロダクトキーを入力。“国”“言語”を選択し、“次へ”をクリック。

5.“次へ”をクリック

6.“今すぐダウンロード”をクリック

7.ダウンロードされたファイルを実行します

8.インストールが開始され、バーが伸びていきます。

9.「すべて完了です。Officeはインストールされました。」下の“閉じる”クリック

トリ夫(管理人)
これで譲渡されたOfficeは無事インストール完了です。

個人用アカウントはどうなっているか?

Office Premiumを譲渡された方が、個人用 Office アカウントのページに行ってみるとどうなるか気になったので、認証されていないマイクロソフトアカウントで入ってみました。すると、下記のような状態になっていました。

「プロダクト キーを入力してください」の項目がありますが、そこをクリックすると…

のページへジャンプ。再びOfficeのインストール画面になります。

トリ夫(管理人)
うるせー、ちゃんとインストールしたんだよ!って、無視しましょう。

譲渡する側も、される側も、上記の流れを知っていれば安心です。さて、私も、SurfacePro4を譲渡する準備を始めるとします。

スポンサーリンク
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー